看護師の求人に応募するときに気をつけたこと

病院内を走り回っているイメージ

職場の雰囲気に馴染むことができなくて困る病院内を走り回っているイメージさまざまなことをサポートする仕事

看護師は病院内を走り回っているイメージを持つ人もいるようですが、実際は本当にさまざまな職種があるため、部屋からあまり出ずに機械を相手にいろいろな業務をする場所もあります。
患者さんと常に接するものもあれば、手術で医師のサポートをする仕事もあるので、どこに就きたいのかによって転職するときにもチェックポイントは変わります。
看護師としてどの科に入るのかにも、仕事内容の違いがあるので必ず希望通りの科に就けることばかりではないと理解しておきましょう。
仕事の内容は、患者さんと接する場合はそのサポートと精神的なケアも含まれます。
コミュニケーションが上手い人もいれば少し苦手だという人もいるかもしれませんが、そこは勉強の一環だと考えて頑張りましょう。
病室で医師のサポートをしたり、手術で助手のようにきちんと対応できるためにはその知識を経験とともに活かす必要があるので、私は手術室への希望はしていません。
実際に私が応募したのは「小児科」でした。